ゾフルーザは1度飲むだけのインフルエンザ治療薬!副作用や薬価は?

この記事は3分で読めます

インフルエンザが猛威をふるっています。今年はA型とB型が同時に流行っていて、インフルエンザ流行発生警報が出されました。そんな中、たった1度の服用でインフルエンザの治療効果が期待できる薬として認可された塩野義製薬開発のゾフルーザについての情報やインフルエンザの効果的な予防方法などをお届けします。

スポンサードリンク



ゾフルーザは1回飲むだけのインフルエンザ治療薬

ニュースで報道されたけん、みなさん知っとうと思うばってん、厚生労働省の専門部会は塩野義製薬が開発を進めていたインフルエンザ治療薬の承認を了承したっちゃん。

インフルエンザの治療薬として知られているタミフルは、1日2回を5日間ほど飲み続けんといけんのやが、ゾフルーザは1度だけの服用で治療効果が期待でき、しかもインフルエンザウィルスが増えるのを直接抑える働きがあるという画期的なタイプの治療薬ということなんよ。

タミフルやリレンザは、インフルエンザウイルスが増殖するときに必要な「ノイラミダーゼ」という物質の機能を阻害して、ウイルスが細胞外へ広がるのを抑えるのに対して、ゾフルーザはインフルエンザウイルスの増殖そのものを抑制するわけたいね。
医者や薬剤師でもないし、難しいことはようわからんばってん、タミフルやリレンザはインフルエンザの治療に1クッションが必要になるのに対して、ゾフルーザはストレートにウイルスを押さえ込む力があるということやろう。

そりゃ、患者としては一日も早く治りたいし、服薬も1度だけで済むならゾフルーザの方がええ。しかも、A型とB型のインフルエンザが対象となので万が一罹患した際には頼りになりそうなんよね。

ゾフルーザや他のインフルエンザ治療薬の副作用は

ゾフルーザはインフルエンザの治療が期待できる新薬だとして、医薬品である以上、副作用は免れないもの。そこで、開発企業であるシオノギ製薬と厚生労働省のHPを調べてみたんやが、情報を見つけることができんやった。

ゾフルーザを開発・販売するシオノギ製薬および製造販売を認可した厚生労働省に対しては速やかに副作用に関する情報を公開するように求めたい。

今回は、残念ながらゾフルーザに関しての副作用情報を得ることはできんやったけど、インフルエンザ治療薬の代表であるタミフルの副作用情報を載せておくんで参考にしちゃってね。

以下「厚生労働省のHPより抜粋」

【タミフル使用上の注意】
<次のような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師に相談してください>
動悸・血圧低下、蕁麻疹・息苦しい
白目が黄色くなる
全身の皮膚の発赤・ただれ・水ぶくれ・口内炎・結膜炎
尿量の減少・むくみ
出血しやすい
血便
意識がぼんやりする、意識がなくなる、うわごとを言ったり興奮したりする、
普段と違うとっぴな行動をとる、幻覚が見える

<次のような症状に気づいたら、早めに医師に相談してください>
腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、血を吐く、おなかがはる、口内炎、口の中の不快感、くちびるがはれたり赤くなる、食欲不振、胸やけ、体温が平熱よりも下がる、頭痛、眠気または眠れない、強い刺激を与えないと目覚めない、めまい、視野が狭くなる、視野の中に見えない部分がある、ものが二重に見える、ふるえ、しびれ、じんましん、かゆみ、あざができやすくなる、尿に血が混じる、息苦しい、脈が速くなる、脈が乱れる、胸がどきどきする、胸が痛い、背中が痛い、疲労、耳の痛み

インフルエンザ治療薬に限らず、医薬品には常に副作用のリスクが伴うもの。わしも、子どもの頃にピリン系の風邪薬を注射されてアナフィラキシーを起こし、全身に水ぶくれができて高熱を発した経験があり、医薬品の副作用には十分に注意せないかんと思っとる。

スポンサードリンク


ゾフルーザの販売時期や薬価は?

(画像:東京都健康安全研究センターより)

2018年2月2日、厚労省の専門部会はゾフルーザの新規承認を了承したばってん、実際にはいつから販売されるのかと調べてみた。

すると、3月に厚労省が承認した後に薬価が決められ、正式な販売は5月になると説が有力やった。そのため、知りたかった薬価は調べることができんやったとです。

しかし、販売時期が5月になるとはインフルエンザのピークを過ぎているタイミング。いま、インフルエンザに罹って苦しんでいる人のことを思うと、もう少しタイミングを考えてほしいと感じたんは、わしだけじゃないと思うよ。

スポンサードリンク


インフルエンザは予防がいちばん

インフルエンザはもちろん、ガンや糖尿病などすべての病気は治療よりも予防が大切ばい。ここでは、インフルエ
ンザの効果的な予防についてお伝えしますけんね。よかったら、参考にしちくりやい。

<そもそもインフルエンザとは何よ?!>
ここでおさらいです。そもそも、インフルエンザとは何なんですかね?!「風邪ひきさん」とは何がちがうのか調べてみたばい。

インフルエンザにかかると38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、同時に鼻水や激しい咳、のどの痛みなどの症状が出てくるんよ。
とくに高齢者や、糖尿病や腎機能障害などの基礎疾患を持つ人、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎や肺炎などを併発し、適切な治療を受けないことで重症化してしまうと、死に至ることもあるけん注意が必要とよ。

<インフルエンザの予防方法>
◎人ごみを避け、外出時にはマスクを着用。
◎帰宅時には「手洗い」「うがい」を励行。
◎栄養と休養を十分にとる。
◎室内では加湿と換気に注意する。

<インフルエンザ治療薬を服用した後の注意事項>
インフルエンザの治療を受けた後でも、以下のような症状がある場合には、お医者さんへ行くことが大切。最悪の場合、命に関わるけんね。

手足が突っ張る。がくがくする、眼が上を向くなど、けいれんの症状がある。
ぼんやりしていて視線が合わない、呼びかけに答えない、眠ってばかりいるなど、意識障害の症状がある。
意味不明なことをいう、走り回るなど、いつもと違う異常な言動がある。
顔色が悪い(土気色、青白い)。唇が紫色をしている(チアノーゼ)。
呼吸が速く(1分間に40回以上)、息苦しそうにしている。
ゼーゼーする、肩で呼吸をする、全身を使って呼吸をするといった症状がある。
「呼吸が苦しい」、「胸が痛い」と訴える。
水分が摂れず、半日以上おしっこが出ていない。
嘔吐や下痢が頻回にみられる。
元気がなく、ぐったりしている。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!