山尾志桜里氏が立憲民主へ入党!理由は何?夫との今の関係は?民進党は?

この記事は2分で読めます

かつて民進党の前原代表より民進党幹事長を打診された山尾志桜里衆議院議員。既婚者である弁護士との不適切な男女関係が報道され、民進党を離党。無所属で立候補して当選しましたが、枝野代表率いる立憲民主党への入党を決めました。背景にはどんな理由があったのか?また、夫との今の関係を調べ、民進党の今後についても占いました。

スポンサードリンク


【民進党元政調会長が立憲民主へ走ったばい】

昨夜のわしら夫婦の会話です。

「母ちゃん、民進党が揺れとるばい。政調会長を務め、一時は幹事長にまで抜擢された山尾志桜里さんが、エダモンこと枝野幸男さんが代表を務める立憲民主党へ入党したそうな」

「父ちゃん、民進党も、その前の民主党も男の代表に甲斐性がなかったけん、こげんことになったとよ。ほんに情けなかね。んでも、なして山尾さんは立憲民主へ走ったんやろか?無所属でも良かったっちゃないと?」

嫁は疑問を持つと、いつまでん聞いて来るしつこか女性です。そこで、母ちゃんの疑問に答えるために、わしはいろいろと勉強したとですよ。

まずは、なんで無所属を選んだ山尾志桜里議員が、立憲民主党へ走ったかということですたい。
山尾志桜里議員は、「政策、理念、哲学が共有できるし、憲法観が一致している」と言っちょるばってんが、こん議員はそこまでリベラル?もっとはっきり言えばレフトサイドの理念や哲学を持っていたんでしょうか?

わしは詳しくは知らんばってん、1月1日現在の議員数に応じて政党交付金が国庫から支給されるということで、一円でも多くお金のほしい立憲民主党と無所属ではなく政治活動のバックグラウンドを求めていた山尾志桜里議員の利害打算の思惑が一致したんじゃなかと…?!とまで邪推してしもたんよ。

政治にお金がかかるちゅうのは定説ばってんが、政党交付金ははわしら庶民が働いて稼いだお金から払う税金で賄われていることをどれだけの人が知っとるんやろか!?

政治家さんは立派な豪邸に住んで、財界のお偉いさん方と高級ホテルで会食をしたり、パーティを開催して政治資金を集めてごたるばってん、わしらは月に2~3回ほど近所の焼き鳥屋とか居酒屋でチューハイを飲むのが精一杯の贅沢なんよ。

スーパーで売っているカップラーメンの売価も分からん議員には、政治をやる資格はなかばい。山尾志桜里さん、これからのあんたをしっかり見させてもらうけんね。

【山尾志桜里さんの旦那さんてどげん男な?】

山尾志桜里議員の旦那さんは、志桜里さんと同じ東京大学卒で山尾恭生さんと言うそうな。現在は、WEBサイトの構築支援や運営支援、WEB技術の開発を行う㈱セレージャテクノロジーの社長さんをやってるんやて。議員さんの歳費と社長さんの報酬で、さぞやセレブなお家なんじゃね。

人様と我が身を比べても仕方ないことばってん、同じ人間でこんなに差がつくなんて、やっぱり人間は勉強ができんといかんばいね。

わしら夫婦には二人の息子がおるばってん、どちらも平凡なフツーの男。今のところ出世もしそうもないし、せめて賢明なお嫁さんでももらって、賢い子供が生まれることを期待するしかないとばい。

スポンサードリンク


【あの女性も立憲民主へ入ったんやて!】

山尾志桜里議員が立憲民主党へ入党したことを知って、わしはあの女性議員の顔が思い浮かんだ。それが、前民進党の代表で参議院議員の蓮舫さんやった。

まさか、民進党の代表まで務めた人が離党して他の党へ入ることはないだろうと思っていたばってん、わしの予測は見事に裏切られてしもたばい。

それが2017年12月26日、蓮舫元民進党代表は、「民進党は地方組織の再生の在り方を最優先しているが、中身がないと駄目だ。政策を最優先したい。政策を明確にしているのは立憲民主党だ」とのセリフを残して離党し、立憲民主党への入党手続きを取った。くしくも、山尾志桜里さんの入党と同じ日だった。

元党首が逃げ出すような政党に明日はなか!来年、政党交付金を受け取ったら、民進党は崩壊へ向けて一直線に突き進むんやなかろうか!?
今も民進党に籍を置く議員さんたちは、どこへ行けば議員の地位を守れることができるか血眼になって情報を集めているにちがいなか。

霧散したセンセイたちの行き先はどこか…。じっくりと見極めたいと思う反面、これで政権交代が可能な2大政党制は、日本から消え去ったと言えるやろね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!