小池知事の地盤を引き継いだ東京10区の若狭候補は落選?!ライバルは?

この記事は3分で読めます

衆議院選挙の投票日まであとわずか。注目選挙区のひとつ東京10区は小池都知事の地盤でもあった選挙区。小池さんの側近として地盤を引き継いだ若狭勝候補に、まさかの落選予想が出ています。若狭候補を脅かすライバル候補にも迫ってみました。

スポンサードリンク


【小池百合子の地盤だった東京10区とは】

東京都豊島区と練馬区、新宿区にまたがる東京10区。
これまで東京都知事にして、希望の党党首である小池百合子氏の自民党時代の地盤であったわけだが、小池氏が都知事に就任したため、側近である若狭勝氏が引き継ぎ、平成28年の衆議院議員補欠選挙で東京10区より立候補して当選を果たした選挙区だ。

小池さんが希望の党の設立宣言をしたあたりまでは、小池効果の恩恵を受けて若狭候補は当選確実とまで言われていたし、若狭氏本人も余裕のよっちゃんをかましていたわけだ。

話は小池百合子氏の東京都知事選挙立候補に遡るわけだが、自民党でずっと冷や飯を食わされていた小池さん。「このままでは、私の政治生命は尻すぼみになる…」と思ったのか、公私混同問題で糾弾された桝添東京都知事の辞任を受け、都知事選挙へ立候補し、都民ファーストの会を設立し、圧倒的な支持を受けて当選してしまった。

その小池さんを、応援したのが当時自民党の国会議員だった若狭さんなんだな。
爆発的な人気で東京都知事へと華麗なる転身を果たした小池百合子氏。女史への期待と注目が集るにつれて、若狭勝氏にもスポットライトが当るようになり、いつの間にか小池さんの側近的存在になり、いつ選挙があっても当選は間違いないといわれるほどになったのだが…。ところが!

【ほぼ壊滅?!希望の党】

実は、小池都知事は東京都のトップだけでは満足できず、日本国のリーダーである女性初の総理大臣の椅子を虎視眈々と狙っていたわけだが、想定してなかった安倍総理の解散宣言を受け、あわてて希望の党を設立。みずから党首に就任し、都知事との2足のわらじを履くことになったのは周知の事実だ。

この希望の党に秋波を送り、連携・合併を試みたのが民進党の前原代表だった。
ところが、小池党首からは「民進党議員の全員は希望の党へ入れない、排除します」と排除の論理を上から目線で口にしたあたりから希望の党への期待や支持は急直下。
東京都の小選挙区では、若狭候補をはじめ希望の党の候補者は、ほぼ全員が落選の憂き目に遭うのではないか…とも言われるようになったのだ。

党としての強い組織を持たず、都知事選と同じ追い風が吹くと読んで希望の党を作った小池さんだったが、上から目線の失言でいっきに人気凋落。起死回生もできないままに、衆議院選挙の投票日を目の前に迎えてしまった。

スポンサードリンク


【若狭候補が落選する理由】


かつて東京地検の特捜部筆頭副部長まで務めた若狭勝候補
まさにエリート中のエリートなのだが、国会議員としてはどこか線が細い印象であることも事実。ひと口でいうと「見栄えのしないおっさん」ということになるかな…。

それでも、都知事選で小池さんの応援をしていた頃は反骨の侍とも呼ばれ、大きな支持を受けていたが、小池知事誕生となるといつの間にか小池側近となり、虎の威を借る狐ならぬ「小池の威を借る若狭さん」と揶揄されるようになっていった。

そして、小池さんの「排除する」発言で支持急落となったことで、若狭さんへの支持も急速に萎み、とうとう「落選か!?」とまで囁かれるようになってしまったのだ。

余りにも小池さんの側近イメージが強くなったため、小池党首への支持が急落したことによる余波をかぶったとも言えるかもしれない。
いずれにしても、注目の東京10区。さて、勝ち上がってこれるかな…若狭さん。

【若狭勝のライバル候補は】

若狭候補のライバルといえば、立憲改新党から立候補した新人の鈴木庸介さんと自民党所属の前議員である鈴木隼人さんだ。ほかにも3人が立候補しているが、実質的には若狭さんと両鈴木さんの三つ巴の争いになるのはまちがいないだろう。

二人の鈴木に挟まれて若狭さんは落選のピンチと言われるけど、果たして有権者はどんな判断を下すのか、興味が尽きない。

<立憲民主党・鈴木庸介>

鈴木庸介さんは東京都豊島区北大塚生まれの41歳。
立教大学では経済学部で学び、レスリング部のキャプテンを務めたというからリーダーシップのある男だと言えるだろう。
学生時代にアフガニスタン、ルワンダ、ボスニアなど紛争地をめぐる旅に出て、世界の理不尽で残酷な現実を知って政治家を志したという。
NHK入局後は事件記者としてオウム真理教事件など担当。立教大学経済学部兼任講師や国土交通省関東運輸局関東観光まちづくりアドバイザリー会議の委員など歴任した。

<自由民主党・鈴木隼人>

鈴木隼人さんは東京都で生まれ、東京大学工学部を卒業後、同大学の大学院を修了した秀才だ。
学生時代にはモデルとして芸能プロダクションに所属し、飯島直子さんとジョージアのCMで共演した経験を持つ異才でもある。
経済産業省に入省し、中小企業政策や通商政策、行政改革、知財政策、社会保障政策、イノベーション政策分野に従事した輝かしいキャリアを持っている。

<この他の東京10区立候補者>
岸 良信候補=日本共産党所属・新人
吉井利光候補=諸派・新人
小山 徹候補=無所属・新人

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!