豊田真由子議員が秘書へ暴行!音声あり!理由は?見舞金は?逮捕もある?

この記事は3分で読めます

豊田真由子衆議院議員(自民党)が政策秘書に暴言を吐き、暴行を働いていたことが明らかになりました。音声では暴言の様子がはっきり!理由や見舞金、逮捕の可能性についても調べました。

スポンサードリンク


【豊田真由子議員が秘書へ暴言・暴行!】

やりましたねえ、新潮のスクープですねえ♪
文春砲ならぬ“新潮バズーガ”と呼ぶべきでしょうか…。

加計問題で支持率低下が続く安倍総理に、またひとつ頭痛のタネが増えてしまいましたね。
「ええかげんにせえよ!」とぼやく総理の顔が目に浮かんでくるのでございますよ。

その原因を作ってしまったのが、安倍チルドレンと呼ばれる自民党衆議院議員の豊田真由子氏なんです。巷ではパワハラ最凶伝説、モンスタークレーマーと異名を取る豊田代議士でございますが、あろうことか自分の政策秘書の男性に対して暴言や暴行を繰り返したわけでございますよ。なんでも、これまでも約20人の秘書をパワハラで辞めていったとか…。

今回の事件で、代議士よりもひとまわり以上も年上の秘書は退職。現在、警察へ被害届けを提出する準備を進めているんですって。

いったい、どーゆー育ち方をしたら、こんな暴力議員になるのかなあ?と思い、豊田真由子代議士の公式ページを覗いてみたら、なんと代議士は東京大学法学部を卒業し、米国ハーバード大学大学院を修了している才媛だったことがわかりました。自分は偉い!エリートなんだという自尊意識が心の中で育って行ったんでしょうね~♪

ちなみに、週刊新潮が入手した音声によれば…

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉

と聞くに堪えない暴言・暴行の所業なんですわ!

これはもう動かぬ証拠!安倍さんも「なんちゅうことをしてくれたんだ!」とさぞや頭が痛いことでしょう。持病が悪化しないよう陰ながらお祈りいたします♪

【秘書に暴言・暴行の理由は?】

んで、なんで豊田真由子議員は、政策秘書に対して暴言や暴行を働いたんだろうか?!とすっごく気になったので、いろいろ調べてみました。
結論から言うと、機嫌が悪かったこと。ストレスがたまっていて八つ当たりしたかったこと。単純ですが、これが理由だったみたいです。

もしかして、政策秘書と不倫関係にあって、別れ話がこじれてしまったのかも…?!と思ってみたりもしたのですが、それは私のゲスの勘ぐりでした。

しかし、機嫌次第で暴言や暴行を繰り返すなんて、こーゆー人を代議士に選んでしまった有権者は、さぞや恥ずかしさと情けなさに今ごろは赤面していることでしょう。

さて、どういう形で落とし前をつけるのか…豊田真由子議員の人間性が試されちゃいますね。

【見舞金で解決したい意向だとか】

今回、豊田代議士の事務所は暴行について、代議士が秘書に対して手をあげてしまったと認め、お見舞金という金銭での解決を目指しているとの意向を持っていることが分かりました。

ん?お見舞金?これって何か変だと思いませんか?
代議士が自分の意思を持って暴言を投げかけ、暴行を働いたわけですから、慰謝料もしくは示談金とするのが妥当ではないかと思うのですが、いかがでしょう!?

見舞金は、「この度は大変でしたね」とお見舞いのために持ってくるお金です。これに対して慰謝料は、精神的・肉体的苦痛による損害の賠償金です。

政策秘書は、豊田代議士の暴言・暴行が原因で職を辞したわけで、精神的にも肉体的にも傷つけられたわけです。当然、慰謝料で誠意を見せるべきだと思うのですが、お見舞金でことを収めようとする意向には疑問を持ってしまうんですよ。

しかし、豊田代議士はいくら包む覚悟があるんでしょうね?

スポンサードリンク


【豊田真由子代議士逮捕か?!】

今回の事件で、秘書だった男性は「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書を取っているそうです。つまり、暴行罪もしくは傷害罪が成立するはずですよね。

暴行罪とは人の身体に、傷害に達しない程度の物理的な暴力を加える罪で、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料に処せられる(刑法第208条)ものです。

一方、傷害罪は、人の身体に傷害を負わせる行為に関する犯罪で15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます(刑法第204条)。

ということは、豊田真由子議員は警察に逮捕される可能性があることになっちゃいますね!国会は終わっているので国会議員に認められている不逮捕特権もありません。

まあ、ケガの程度や示談の有無、犯人逃亡の可能性などによって逮捕の有無が決められることもあり、今回の事件は、示談金で解決されそうな気がします。

たとえ逮捕されなくても、少なくとも国会議員はお辞めになった方がよろしいのではと存じます。
だって、パワハラや暴力を振るう人が国会議員だなんて、日本の恥じゃないですか!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!