台風5号はスーパー台風になる?!九州直撃!?被害予想は?防災対策は?

この記事は3分で読めます

台風5号が勢力を拡大しながら日本の南を1時間に10キロの速度で進んでいます。8/4には南西諸島へ近づき、週末から週明けにかけて奄美・九州直撃の恐れが…。
台風5号はスーパー台風になるのか?被害予想や対策について調べてみました。

スポンサードリンク


【台風5号はスーパー台風へ成長か?!】


台風5号(ノルー)は、8月3日14時現在で、945hpa、最大風速45m/s、最大瞬間風速60m/sの非常に強い台風になり、週末から週明けにかけて九州へ接近する恐れが高くなっている。
台風付近の海水温が高く、エネルギーとなる水蒸気が次々と供給されるため、スーパー台風へと成長する懸念もあるということで、気象庁は警戒を強めている。

さて、ここ数年で耳目を集めている“スーパー台風”だが、いったいどんな台風なんだろうか?!
デジタル大辞泉によれば、『最大風速が毎秒65メートル(130ノット)以上の極めて強い台風。米軍合同台風警報センターが用いる台風の階級で最も強い区分にあたる』と 解説しているが、かつて日本を襲ったスーパー台風のひとつに、1959年9月に和歌山県の潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を席巻した伊勢湾台風がある。

最大風速は75m/s、死者4,679人、負傷者38,921人の多大な犠牲者を出したこのスーパー台風は、その被害の大きさから、室戸台風や枕崎台風ととに日本三大台風のひとつとして今も語り継がれているほどだ。

【台風5号は九州直撃か!?】

8月3日14:44配信のウェザーニュースによれば、非常に勢力の強い台風5号は、奄美を経て九州へ上陸する可能性が高まったと予測した。

福岡在住の私にとっては、「こりゃあ、えらいこっちゃ!」と大問題だ!
なんでも、雨量は500~600mmと予測され、奄美では瞬間最大風速が55m/s~70m/sに、九州では50m/s~60m/sと予測されたのだ。7月の豪雨で甚大な被害を受けた福岡県の朝倉市や大分県日田市では、その復旧ができていない中で台風の洗礼を受けることになりそうで、早くも不安の声が高まっている。

一方で、台風5号の影響を受け、四国や東日本の太平洋側では大雨の可能性があるということで、これまで渇水に苦しんできた地方にとっては恵みの雨になるかもしれないとのこと。このままスーパー台風に成長せず、できれば勢力を弱めておとなしく過ぎ去ってほしいと思うのだが…。

スポンサードリンク


【スーパー台風の被害予想に驚愕!】

台風5号がスーパー台風へと成長しないことを祈るしかないのだが、地球の温暖化にともなう海水温の上昇によって、今後は超大型スーパー台風の発生頻度が増えると予測する専門家は多い。
では、風速70メートルを超えるスーパー台風が引き起こす被害はどれほどの規模になると予測されているのだろうか?!

注意すべきは猛烈な風による被害だが、同時に大雨や高潮による水害にも厳重な注意が必要だ。
<暴風による被害>
風速10m/s~風速15m/s ⇒樹木が揺れ始める
風速15m/s~風速20m/s ⇒屋根瓦・屋根葺材がはがれ、雨戸やシャッターが揺れる
風速20m/s~風速25m/s ⇒屋根瓦・屋根葺材の飛散や固定されていないプレハブ小屋が移動・転倒する
風速25m/s~風速30m/s ⇒金属屋根の葺材が剥がれ、仮設足場が崩落する
風速30m/s~風速40m/s ⇒外装材が広範囲に飛散し、地材が露出する
風速40m/s以上    ⇒家屋の倒壊の危険

<大雨による被害>
台風の進行方向右側の地域では、大雨に対するより一層の警戒が必要だそうだ。台風による南よりの暖かく湿った強風が、南~南東の斜面に吹き込み、地形によって強制的に空気が上昇する効果が加わるため、雨雲が非常に発達するという。これにともなって川の増水や氾濫、土砂災害のリスクが急激に高まるわけだ。

<高潮による被害>
台風の風は反時計回り。一般に進行方向の右側で強くなり、陸地に入り込んだ湾では台風が西側を北上した場合に南風が吹き続けて高潮が起こりやすくなるという。特に遠浅で、南に開いた湾では台風が湾の西側を北上した場合に高潮が発生することが多くなっている。

【スーパー台風への防災対策は?!】

いつ起こるとも予測がつかない地震に比べ、台風は最新の情報をチェックすることで被害を抑える防災対策を施すことができる。
たとえば屋根や塀、窓などの補強をはじめ、水や食料品懐中電灯、携帯ラジオなど防災士厳選の防災グッズを用意しておくこと。
また、自治体が発行するハザードマップの確認、避難施設への早めの移動など冷静に対応することで、最小の被害で済ませることが可能になるのは不幸中の幸いと言えるかもしれない。

まちがっても海岸や河川、用水路を見に行ったり、屋外での作業などは控えるのが賢明だ。
台風そのものには抗うことはできないので、家族とともに身を寄せてじっと通り過ぎるのを待つしかない。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!