鳥越、佐藤、清水の3コーチが退団のホークス、真相と新コーチは?!

この記事は3分で読めます

日本シリーズを制して日本一となった福岡ソフトバンクホークスが鳥越、佐藤、清水の3コーチの退団を発表しました。せっかく日本一になったのに…とファンからは悲鳴が流れました。
なぜ、3コーチは退団を選んだのか、そして新コーチは誰になるのかを調べてみました。

スポンサードリンク


【退団3コーチの行く先は】

まず、内野守備走塁コーチを務めていた鳥越コーチは、かつてのホークスでチームメイトだったロッテの井口資仁内野手引退し、ロッテ球団の監督に就任したことに伴い、ロッテへ移籍し、ヘッドコーチとして井口監督をサポートするという。

また、バッテリーコーチとして腕を振るった清水コーチは、古巣であるロッテへ戻ることになった。ソフトバンクの日本一に貢献した2人のコーチがロッテへ行くことで、今季は圧倒的な強さを見せたソフトバンクの連覇に黄色信号が灯った形だ。

次に投手コーチを務め、他球団がうらやむ層の厚い投手陣を作り上げ、千賀、東浜、石川らの若手投手を一人前に仕立てた佐藤コーチは東北楽天へ復帰
楽天時代に共に闘い、現在は楽天の取締役となっている星野仙一氏との再会を心待ちにしているという。

簡単に言えば、鳥越コーチは、かつてホークスでいっしょに闘った井口監督を男にするためにロッテへ移り、群馬県出身の清水コーチは古巣であるロッテへ戻って、鳥越コーチとともにロッテを優勝させたいというところだろうか!?

佐藤コーチは、ソフトバンクホークスが日本一になり、これをひとつの節目として東北の地へ戻り、打倒ホークスをこれからの野球人生の目標に掲げた。

いずれにしても、ソフトバンクでやることをやり尽し、勝負師として新しい舞台を探したということだろうか?!

いずれにしても、3コーチの流出はソフトバンクホークスにとっては痛手である。
セントラルリーグへ移籍するならまだしも、ペナントを争う同じパリーグ球団への移籍であり、誰よりもソフトバンクの長所や短所を知っている3コーチだっただけに、工藤監督も今後について頭を悩ませているにちがいない!

【3コーチが退団した真相は?!】

3人のコーチが同時に退団となったソフトバンク。3人それぞれの事情はあるはずだが、報道を見る限り、ソフトバンク球団に3人を強く慰留した痕跡が見られないのだ。

うがった言い方をすれば、球団として3コーチへの評価はあまり高くなく、工藤監督さえいてくれたらそれでいいという態度で接してきたのではないか??ということだ。

まあ、プロ野球では選手以下、監督もコーチもプロの個人事業主であり、請われて自分の腕を発揮できる場があれば、そこで腕試しをしたいと思うのも理解できる。そういう意味では、ソフトバンクが日本シリーズで優勝したことは、ひとつの節目になったと言えるかもしれない。

それでもなお、球団には日本一へ力を尽くしてくれた3コーチには、強い慰留と高い評価を明らかにしてもよかったのではないか…という疑問が残る。

<たとえば鳥越コーチの年棒を調べてみたら…>
昨年はパリーグ優勝をのがしたソフトバンクだったが、2015年は見事にリーグ優勝を果たし、日本シリーズではセリーグの覇者ヤクルトを破って見事日本一の栄冠に輝いた。

選手たちの年棒はもちろん選手たちを育てたコーチの年棒も上がったと思っていたところ、鳥越コーチの年棒を調べてみたところ据え置きのまま。
鳥越さんがソフトバンクのコーチに就任したのが2007年。年棒は一千万円でした。2009年に2軍監督になり、年棒は倍増の二千万円になっている。2011年に1軍の内野守備走塁コーチに移ったが年棒は変わらず。

そして、ソフトバンクが日本一になった2015年の翌年も二千万円のまま変動なし。要は、2009年から2016年までずっと年棒が上がっていないことになるわけだ。
2017年の年棒がいくらだったのか不明だが、昨年のソフトバンクは優勝を逃しているので良くても現状維持だったのではないかと推察できる。

2017年の今年、ソフトバンクは日本一を手にした。そのため、コーチ陣にも大盤振る舞いとまではいかなくても年棒アップの話が出てもおかしくないと思うが、おそらくはそんな話もなかったのではないだろうか?!

かつてホークスで同じ釜の飯を食った井口新監督をサポートしたいとの思いから、退団を決断したのだと思うけど、ソフトバンク球団がコーチ陣の働きを真摯に評価していたら、また別の展開もあったと思えてならない。

スポンサードリンク


【工藤新内閣のスタッフ構成は?新コーチは誰に?】

日本シリーズ優勝の興奮が冷めやらず、日本一セールで沸く福岡の街を、一瞬にして沈黙させた3コーチの退団。そこで注目されるのが新コーチの顔ぶれだ。ヘッドは今季と同じく達川コーチが務めることになると思うが、抜けたポジションを埋める人選はこれから…というのが現実みたいだ。

ホークスOB、他球団OBなど多彩な人材が揃っているプロ野球界であるが、コーチとは選手を育て上げて、チームの勝利に貢献するのが使命であるが、この選手を育て上げることは言うは易く、行うは難しいものである。

かつての名選手は名白楽ではない…という言葉があるように、プロ野球界に限らず人材の育成ははなはだ難しい。

いま、ソフトバンクは球団をあげて人選に取り組んでいると思うが、今回3コーチの流出の理由を分析し、礼を尽くして新コーチを招聘してほしいと思う。

【そういえば松坂投手も退団したな】

3年で12億円という大型契約を結んだソフトバンクと松坂大輔投手。肩の故障もあって、契約終了となった今季まで一軍登板は一度だけとなってしまったが、球団としては来季も契約を結ぶつもりだったという。

実際に、球団が松坂投手に打診したのは「リハビリコーチをしながら選手として復帰を目指さないか…」というものだった。
しかし、あくまでも松坂投手は現役一本にこだわった。3年間何もできず、外野から聞こえてくる中傷に耐え、ひたすらリハビリに没頭し、投手としてまだ完全燃焼していないという気持ちが優ったのだろう。

豪腕・剛速球で一世を風靡した大投手。彼は、リハビリコーチというぬるま湯をよしとせず、あえて茨の道を選んだのだと思う。
最後にもうひと花咲かせてほしいものだ。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!