清水富美加さん引退せず!?親孝行のために幸福の科学で女優続行!?

この記事は2分で読めます

いやいや、清水富美加さん騒動が止まりませんね!突然の芸能界引退・幸福の科学での出家騒動から数日を経て、事態はさらに炎上の気配を見せています。

スポンサードリンク


数日前のニュースでは、清水富美加さんは「芸能界を引退し、幸福の科学に出家して、人々のために尽くします」という趣旨を宣言したと聞いていたのに、出家先の幸福の科学では、清水富美加さんの引退を否定。「救済活動の一環として、人道的な映画には出演する」と言いました。

これって、どういうこと?ファンならずとも、何がなんだかわからなくなっています。一方で、清水富美加さんの父親に、およそ5千万円ほどの借金問題が報道され、教団がその肩代わりをしたとも言われ、そのために彼女は教団専属の女優になることを決断したのでは?ともささやかれています。

スポンサードリンク


ということは、彼女はお父さんに対してできるギリギリの親孝行を実行したのではないでしょうか?これはあくまでも管理人の主観であって、まちがっている思い込みかもしれません。関係各者様には申し訳ないのですが、以下では独断と偏見の個人的感想を言わせてもらいたいと思います。

【父親に親孝行するために教団の勧めを受諾?】

『清水富美加さんは、幼い頃から幸福の科学の熱心な信者であった。信仰の援助もあって、芸能界で成功しつつあった。このまま順風な未来を描いていたが、実の父親が事業の失敗によって多額の借金を背負うことになってしまった。

一説には5千万円ともいわれる負債額は、いくら清水富美加さんが売れっ子の女優だとしても、右から左に返済できる金額ではなかった。そこで、彼女は教団へ救いを求めた。

教団は、これこそが幸福の科学をアピールできる絶好の機会ととらえ、まずは総裁である大川隆法氏の本として出版し、前後して父親の借金の肩代わりをする見返りとして、教団の広宣や信者獲得のために働くことを提案。親孝行な清水富美加さんは、教団の勧めるとおりに引退・出家を表明…』という筋書きではないかと勝手に思った次第です。

今回の引退・出家騒動では、清水富美加さんの記者会見はいっさい開かれず、所属していた事務所すら「連絡が取れない」と言っています。

「芸能界を引退し、出家して、人々を救う道に入る」という趣旨の発言は、彼女自身が語ったことだとされています。しかし、教団は「芸能界引退ではない」と言明しました。
なぜ…?実は、幸福の科学には「ニュースター・プロダクション」という芸能事務所があって、現在のところ10人を超えるタレントが在籍しているそうです。これまで、およそ年1本のペースで計11本の映画を制作しており、初夏には新作映画の公開も予定されているとのこと。
しかも、今度は大川総裁の息子さんが、映画で俳優デビューするそうです。まさか、共演に清水富美加さんをと…考えているのでは??

いずれにしても、「ニュースター・プロダクション」に人気女優の清水富美加さんが加われば、これ以上にない教団のPR効果が期待できるというわけです。

【幸福の科学は政界進出が悲願】

幸福の科学は、他の宗教団体が政治に進出していることに強いライバル意識を持っています。日本は法治国家ですから立法を担う政治の世界に関われることができれば、教団のめざす部分も叶える可能性が高くなります。そのため、幸福実現党という政党を立ち上げ衆参両議院選挙に立候補者を送り出してきました。

しかし、今なお当選者は皆無。政界へ進出することは、幸福の科学の悲願であるとも言われているほどです。教団に対する好ましいイメージを構築し、広宣を成功させて政界へ進出する足がかりとすること。その一環として、清水富美加さんが選ばれたとしても不思議ではないと思います。

【清水富美加さんは、自身の言葉で語るべき】

清水富美加さんは、2月13日深夜に自身のツイッターでこうつぶやきました。
「出家だけではなくて 誰かギリギリだと言った部分に隠された事、誰か気付いてくれてますように。また、一つの事実がもう消されそう」と。

このメッセージには、いったい何が隠されているのでしょうか?まだ若い彼女が人生の道を踏みはずことがないように!今は、それだけを祈りたいと思いますが、可能であるならば記者会見の席上で清水富美加さん自身の口から本当のことを語ってもらいたいと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!