2017年7月、福岡と大分へ大雨特別警報発令!原因と被害状況、対策は?!

この記事は4分で読めます

2017年7月5日から6日にかけて福岡県の筑後および筑豊地方と大分県のほぼ全域に大雨特別警報が発令されました。かなり危険な状況です!豪雨の原因や被害状況、避難対策などを調べました。

スポンサードリンク


【大雨特別警報と大雨警報は何がちがうの?!】

7月5日の朝から降り続いている雨は6日になっても止む気配はなく、雷を伴って断続的に続いています。
私は福岡県に住んでいるんですが、県内の筑後地方と筑豊地方、そして隣県である大分県に大雨特別警報が発令されています。

幸いに私の地域では、今のところ大きな被害は出ていないものの、先ほどには猛烈な雨情報が出され、今後の雨の降り方次第では特別警報が発令されるかもしれません。
参考までに、気象庁が言う“猛烈な雨”とは1時間に80ミリ以上の降雨が予想もしくは降っている状況で、人は息苦しくなるような圧迫感を受け、恐怖感を感じるほどの雨だそうです。
当然、雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要ということで、きょうは外出を控えます。

ところで、発令されている大雨警報と大雨特別警報は何がちがうんでしょうか?!
大雨警報が重大な災害の起こるおそれのある旨を警告して行う予報であるのに対して、大雨特別警報は数十年に一度の降雨量になる大雨が予想され、その現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に、その旨を示して行う警報で、福岡県と大分県ではともに初めての発令でした。

実際に浸水や行方不明者などの被害が出ている福岡県朝倉市では、6日午前6時30分までの24時間の雨量は539ミリに達し、これは7月の1ヵ月の平均雨量の約1.5倍に匹敵するそうです。

いま、こうしてブログを書いている今も、大雨は一向に止む気配はなく、むしろ雷がゴロゴロと威嚇するように鳴って、不安感を煽ります。明日の7日も前線が停滞し、局地的に激しい雨が予測されています。
それにしても、大雨特別警報が出るほどの豪雨の原因は何でしょうか…。

【豪雨の原因は線状降水帯というけど…!?】

今回の豪雨は、積乱雲が次々に発生する『線状降水帯』が原因だと発表されました。
線状降水帯は、発達した積乱雲が帯状に集まる現象で、短時間に局地的な大雨をもたらします。積乱雲の帯の幅は20~50キロm程度で、長さは50~300キロmに及ぶと言われています。

では、どうして線状降水帯が発生したのでしょうか?!
気象庁の解説では、日本付近に停滞する梅雨前線に向かって、太平洋高気圧の縁をなぞるように南から非常に湿った空気が流れ込んだために雨雲が発達。5日正午ごろから線状降水帯になりましたが、梅雨前線の北から入る乾いた風と合流して身動きが取れなくなり、長時間にわたって猛烈な雨を降らせているということです。

梅雨時期末期の西日本では典型的に見られる現象ということですが、今回のように長時間にわたって豪雨となることはめずらしいということで、今後も警戒を呼びかけています。

スポンサードリンク


【2017年北部九州豪雨の被害状況は!?】

ここでは、私の住んでいる福岡県内の被害状況の一部についてお知らせします。なお、雨は現在も降り続いていることから、さらなる被害の拡大が懸念されています。
ホントに大変なことになったもんだと、呆然とするしかありません。

負傷4名(久留米市、朝倉市)、行方不明6名(飯塚市、朝倉市、桂川町)、安否不明5名(東峰村)、家屋全壊5件(朝倉市、
東峰村)、半壊3件(東峰村)、床上浸水15件(久留米市、朝倉市、東峰村)、床下浸水(八女市、朝倉市、東峰村)、緊急避難指示:169,421世帯・399,766名対象 (いずれも7月6日午前9時現在)

【大雨時の避難対策】

大雨で身の危険を感じたり、避難勧告や避難指示が出た場合には、すみやかに学校や公民館などの避難指定施設に避難することが命を守るためには不可欠です。また、自治体の多くはハザードマップを作成・配布していますから、ふだんから安全な避難場所や避難ルートを確認しておくことが基本になります。

ここでは、「YAHOO!防災速報」から大雨時の行動について、その一部をお伝えします。

★豪雨発生
大雨による洪水や浸水が発生!
■河川や用水路の周辺に近づかない
・大雨によって河川や用水路の水かさが増し、その周辺にも激しい水の流れができることがある。
・これまでにも、側溝のフタが外れていることに気づかず、そのまま流されて死亡する事故が発生している。
・大雨で増水しているときは決して河川や用水路の周囲にも近づかないようする。

■アンダーパスには近づかない
・突発的に発生する短時間の大雨では、降雨量が都市の排水処理能力を超えることがある。
・処理しきれなかった雨水は標高が低い場所へと流れ込むため、アンダーパス※はあっという間に冠水する。
・これまでにも、車両が冠水したアンダーパスに取り残され、水没した車内で溺死する事故も発生しているため、車を運転中に大雨に遭遇した場合はできるだけ低い場所を避けて運転する。
※アンダーパス:立体交差で、鉄道や道路の下を通る掘り下げ式の地下道。

■地下施設から地上へ避難する
・突発的に発生する短時間の大雨では地下施設が冠水し、たびたび死者も出ている。
・地下施設にいるときは、気象庁が発表する最新の気象情報などを随時確認する。

■山などの急な斜面には近づかない
・現在の科学技術では、土砂災害がいつ・どこで・どの程度の規模で発生するのかを予測することは困難。
・大雨警報や土砂災害警戒情報が発表された場合は、山などの急な斜面に近づかないようする。
・「斜面から小石が落ちてくる」、「湧き水がにごる」など、異常があった場合は、安全を確保したうえで避難する

★避難
■避難は周囲の状況を確認してから!
・避難する際は周囲の状況を確認してから避難場所へ向かう
※50cm以上の水深(大人のひざ丈)で浸水が発生している場合は、無理に避難しない
・山などの斜面で以下の現象が発生している場合、すみやかに斜面から離れる
・斜面にひび割れが生じる
・小石が落ちてくる
・土の匂いがする
・斜面から水が湧き出る
・湧き水や井戸水がにごる
・地鳴りが聞こえる

■避難する際の服装
・頭を保護するヘルメット等を着用
・動きやすい長袖と長ズボンを、軍手も着用
・長靴ではなく、普段から履きなれた底が厚めの靴を履く
・両手は空いている状態にし、非常用品等はリュックに入れて避難する

■避難する際の注意
・可能な限り複数人で避難する
・浸水している場合は、傘などの棒を使って地面を探りながら避難する※マンホールや側溝付近は大変危険
・夜間に避難するのは大変危険なため、避難はできるだけ明るい時間に行う

■近所の頑丈な建物に避難する選択肢も
・避難場所へ移動することが難しい場合は、近所の頑丈な建物へ避難する
・鉄筋コンクリート製の建物に避難。その際は斜面から離れたフロアへ
・自宅にとどまる場合も、できるだけ高い階の斜面から離れた部屋に避難
・場合によっては、消防・警察・自治体に救助の要請をする

豪雨や地震など避けようのない災害には、早めの避難が命を守ることにつながります。これからは台風も気になるところです。大切な家族を守るためにも、防災グッズは確保しておきたいものです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!