眞子様ご結婚を延期!破談への準備か?!小室圭君の母の借金と男が原因?

この記事は2分で読めます

秋篠宮眞子さまと小室圭君の結婚が2018年11月4日から2020年へ延期となりました。
天皇陛下の退位と新天皇の即位など皇室をめぐる儀式が目白押しであることから、落ち着いた中での結婚を考えられたとのだと思いますが、いろんな声が聞こえています。ご結婚延期の真実は何か?!調査と推測を行いました。

スポンサードリンク


なぜこの時期に結婚延期に?!眞子さまがお可哀相

ほんに驚いたばい!今年の秋には幸せなご結婚の日をお迎えになると思っていた秋篠宮眞子さまと同窓の小室圭君だったが、突然に結婚の延期が発表された。

公式では、天皇陛下のご退位や新天皇の即位の儀など、皇室をめぐる様々な儀式や催しが開催される慌しい中で、お二人の新しい出発は、もう少し落ち着いてからの方がふさわしいのではないかというご判断が、眞子さまや秋篠宮ご夫妻の間で検討された結果によるものだと発表された。

なるほど、そういう面も納得できるし、眞子さまには国民が祝福するなかで式を挙げられお幸せになっていただきたいばってん、一方で、なんか裏がありそうやねと勘ぐってしまう要素もなきにしも非ずなんよね。

眞子さまは小室圭君とご結婚されると皇籍を離れ、一般人として生活して行くことになるんやが、持参金はあるにしても基本的には夫となる小室圭君の収入で生活を営んで行かなければならんとよ。司法試験に合格した弁護士や司法書士でもなく、単に弁護士事務所で働く職員に過ぎないわけやけん、裕福な生活が保障されとるわけでもないったいね。

小室圭君は好青年であり、誠実な性格なようやから中傷非難するつもりはなかばってん、もしもわしが眞子さまの親であったとしたら、「圭君、せめて何らかの資格を取ってから、眞子と結婚してくれないか」と言うと思った。

気んなるとは、小室圭君の母親の借金ばい

今回の秋篠宮眞子さまと小室圭君の結婚延期について、ワイドショーや週刊誌などがまことしやかな噂や根拠があるのかないのか分からん情報や記事を流しているばってん、ちょっと気になったんが小室圭君のお母さんについてやった。

小室圭君の母親は、小室佳代さん。小室圭君の父親であり佳代さんの夫が亡くなった後は、圭君を育てるために苦労を重ね、圭君の将来のためにある男性と婚約をしたとか…。

これ以上は、わし自身が事実を確認したわけではなく、ネットの報道や面白おかしくネタにしてしまう週刊誌をなぞることになってしまうけん、何も言わん。

仮に、母親の小室佳代さんが、借金をしたとはいえ、我が子である小室圭君の進学や将来のための借金やったとしたら誰も責められんばい。

ただし、秋篠宮眞子さまのご両親の立場であれば、愛娘を安心して嫁がせられないと判断したとしても、それは親としての正しい選択。

とりあえすは、結婚までに時間を設けることで問題解決を図ったんやないかとわしは思ったと。

秋篠宮眞子さまも小室圭君もまだまだ若く、いろんな可能性を秘めている二人やと思う。ワイドショーも週刊誌も、二人の仲を裂く記事を並べ立てるんじゃなく、本当に二人の幸せを祈るような姿勢を持ってほしか!

人様の不幸や悲しみを増長させるんが週刊誌やワイドショーの役割じゃなかとばい!

スポンサードリンク


婚約破棄、そして破談の可能性は?!

独断と主観と偏見の意見を言うばってん、秋篠宮眞子さまと小室圭君との結婚は破談になる可能性が極めて高いと思っとるんよ。

息子を溺愛してきた母親の小室佳代さんが選んだ行動と、愛娘を掌中の宝として慈しんできた秋篠宮ご夫妻。とりわけ秋篠宮家には皇族としてのお立場もあり、まずは冷却期間を置いて今後のことを冷静に考えようと思慮を配したのではと推察される。

願わくば、相思相愛の二人が幸せな家庭を築いてくれることを願ってやまないばってん、お二人の成婚を利用して不埒な我田引水を試みる動きも垣間見えるのもホントたい。

幸いに結論を出すまでには今少しの時間もできたけん、利害得失を狙う輩を排して、眞子さまと圭君の幸せをまわりの大人が考えてあげるべきやないと?!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!