民進党解散!?山尾議員に続き5人が離党予定!?前原代表の生き残り策は?

この記事は3分で読めます

民進党が解散の危機にあります。不倫疑惑で離党した山尾議員に続き、9月11日以降には既に離党した細野豪志議員が率いていた自誓会のメンバー3人に加え、党を見限った2人の議員も党に離党届を提出するとか。党首になったばかりの前原さん、どうする?!

スポンサードリンク


【民進党解散の危機!】

民進党が心配だって?!
そんな甘い状況はすぎちゃったぜ!もう解散・解党してゼロからやり直すしかないんじゃないの…?!と思わせるほどの混迷ぶりは目を覆うばかり。
前原誠司さんが枝野幸男さんとの代表戦一騎打ちに勝ち、新しい党代表となっても収束する気配がないので救いようがない!

前原新体制の目玉として用意していたマドンナの山尾志桜里氏を幹事長に抜擢する予定も、山尾女史の不倫疑惑が週刊誌に暴露され、離党の憂き目。
仕方なく幹事長に選んだ大島敦元副総務相は、地味なお方で国民受けするアピール度は期待できそうもないし…。

はっきり言うけど、民進党は同じ政治の志を共有した人たちの集団じゃないよね。
小池都知事が実質的なオーナーである“日本ファーストの会”へ入るか、自民党に拾われるか、あるいは共産党へ入党するか、もしくは孤高の無所属議員となるしかないんじゃないの!?

悪いことは言わない!
民進党は一日も早く解散・解党して、本当の有志だけで再結成した方が絶対にいいって!
たぶん議員さんの多くや党職員、支持団体の連合の人も「民進党はダメだぁ!」と感じているにちがいない。

【離党予定の5人衆とは?!】

民進党の衆院議員5人が来週にも離党する方向で調整していることが8日、わかった。複数の同党関係者によると、このうち3人は8月に離党した細野豪志元環境相が率いていた「自誓会」のメンバー。細野氏とともに年内の新党結成を視野に入れ、小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員率いる「日本ファーストの会」との連携などを模索するとみられる。
自誓会メンバーは笠浩史、後藤祐一、鈴木義弘の3氏。残りの2人は、岸本周平、福島伸享氏。5人は、1日の民進党代表選で白票を投じたとみられており、前原誠司代表の下でも党勢回復は困難と判断したもようだ。(引用元:産経新聞ニュース)

まあ、それにしても、次々と党を離れる議員さんの多いこと多いこと。
まるで沈没しかけた泥船から逃げ出すようなイメージだ。有権者は候補者の人間性と主義主張、そして支持する政党に所属していることから一票を投じた。特に最近は、ある特定の政党に追い風が吹くと、候補者の多くは当選する現象があるので、どこまで候補者自身の政治的実力で当選したのかは分からなくなっている。
はて、本当にこの5人衆が党を出て行ってしまうのか?!11日からの動きに注目だな!

スポンサードリンク


【前原代表のプロフィール】

せっかく民進党の党首に選ばれながら、離党者が相次ぐ新体制。多難な船出を超えて、ほぼ壊滅的な船出を余儀なくされ、見ていてもホント痛々しい。

そんな前原代表の経歴だが、これはいたって素晴らしいぞ!
まさに、政治家として陽の当たる道を歩んできたような足跡だ。かつては、言葉は威勢が良いものの行動が伴わないことから“言うだけ番長”というありがたくないニックネームで揶揄されていたが、新党首となって、どう民進党を立て直すのか期待していたのだが…。

ところが、離党ドミノは止まることを知らず、前原さんへの求心力は失われていくばかり。まあ、党の体質そのものに致命的な欠陥があるようだから、前原さん個人が悪いのではないと思うけどね。

こんなタイミングで党首に選ばれるなんて、ここに来て前原さんは貧乏くじを引いたのかな…と思ってしまった。

<前原誠司プロフィール>
昭和57年4月京都大学法学部入学、国際政治学(高坂正堯ゼミ)を専攻
昭和62年4月(財)松下政経塾入塾 第8期生
平成3年4月京都府議会議員選挙(左京区選出)において28歳で初当選
平成5年7月第40回衆議院議員総選挙において初当選(旧京都1区選出)
平成8年10月第41回衆議院議員総選挙において2期目の当選
平成12年6月第42回衆議院議員総選挙において3期目の当選(京都2区選出)
平成15年11月第43回衆議院議員総選挙において4期目の当選(京都2区選出)
平成17年9月第44回衆議院議員総選挙において5期目の当選(京都2区選出)
平成21年8月第45回衆議院議員総選挙において6期目の当選(京都2区選出)
平成24年12月第46回衆議院議員総選挙において7期目の当選(京都2区選出)
平成26年12月第47回衆議院議員総選挙において8期目の当選(京都2区選出)

【民進党が生き残るには?!】

凋落の一途をたどる民進党が生き残る起死回生の方法はあるのだろうか?!その処方箋は、解党して出直すことしかないと思う。はっきり言って、右から左の寄り合い所帯。まるで、選挙に勝って議員になることだけが目的の人も少なくないもん。

これじゃあ、国民は見放すわな!
その昔は、自民党の失策もあってせっかく手にした政権なのに、内輪もめが過ぎて、あっと言う間に与党から転落。転落するのは早いが、這い上がるのは並大抵の努力では追いつかない。

離党者続出は政党にとって瓦解の前兆じゃん!
ここは潔く解党・解散をして、前原さんの示す政策と理念に共感・共鳴する賛同者を募って再出発すべきだと思うね。

このままだと、民進党は政界で野垂れ死にしてしまうかも…チ~ン♪

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!