ジョンソン投手(カープ)が登録末梢中!登板復帰はいつ?咽頭炎とは?

この記事は2分で読めます

2017年3月31日のセ・リーグ開幕戦で阪神に打ち込まれ、4回で7失点KOされたジョンソン投手。
4月5日に出場選手登録を抹消され、広島カープはジョンソン投手が咽頭炎であることを発表しました。

スポンサードリンク


【ジョンソン投手が登録末梢中】

昨シーズン、25年ぶりに広島カープをセ・リーグ優勝へ導いた功労者といえば、クリス・ジョンソン投手が挙げられます。沢村賞にも輝き、今シーズンも昨年以上の活躍が期待された中で阪神タイガースとの開幕戦を迎えたわけです。結果は、あれよあれよと点を取られ、なんと4回途中で7失点を奪われ降板してしまいました。

「何でやの?そんなに調子悪かったんかなあ?」と心配していたら、カープ球団はジョンソン投手について「咽頭炎のため選手登録を抹消しました」との発表を行いました。

まあ、咽頭炎ということなら復帰も早いと心待ちにしていたんですが、カープの松原チーフトレーナーから「「体調不良で熱が思いのほか長引いた。練習はまだ再開しておらず、現在は通院しながら自宅療養中」との説明がありました。

まだ発熱が治まらず、体調の回復がおぼつかない様子です。カープは1引き分けを挟んで10連勝の好調なスタートを切りましたが、ここ数試合は打線が奮わず、先発投手陣も打ち込まれるなどしていて、正念場を迎えています。

頼れる助っ人のジョンソン投手には、早くマウンドへ帰ってきてほしいのですが、ペナントレースはまだ先の長い戦いが続きます。焦ってピッチングを再開しても、いつまた体調不良になるかもしれません。
投げたくても投げられないジョンソン投手がいちばん辛いと思いますが、ファンとしてもここはぐっと我慢しなければと思っています。

【ジョンソン投手の登板復帰はいつ?】


広島カープの沢村賞受賞投手、クリス・ジョンソン投手の登板復帰はいつになるのでしょうか?球団によれば、「長引いている発熱のためにまだ練習できる状態ではなく、現在は通院しながら自宅療養中」と説明しています。担当医の許可が出れば3軍で練習を再開し、2軍戦での登板を経て昇格となる予定です。

発熱は体力を奪いますから、とにかく熱が引くことが最優先ですね。そして、落ちた体力を戻すにも時間がかかりますし、それから練習再開となるので、早くてもゴールデンウィーク後になるのではないでしょうか!?

チーム全体の勢いは下がり気味ですが、だからと言って体調不完全なままにジョンソン投手を投げさせるのは長いシーズンを考えるとやるべきことではありません。いまは、カープにとってもジョンソン投手にとってもガマンのしどころです。

焦らず急がず、コンディションを整えて登板し、昨年のような大活躍を見せてほしいと思います。

スポンサードリンク


【ジョンソン投手が罹った咽頭炎ってなによ?】


咽頭炎とはのど(咽頭)の粘膜やリンパ組織に生じる炎症で、急性咽頭炎と慢性咽頭炎に分けられます。この違いは、症状の見られる期間です。
一般的に急性咽頭炎の場合、ウイルス感染が原因のことが多く、およそ2週間程度で回復することがほとんどです。一方で2週間以上症状が長
引く場合は通常のウイルス以外が原因か、もしくは慢性咽頭炎が考えられます。

ジョンソン投手の場合、なかなか熱が引かないということですので、もしかしたら慢性咽頭炎が疑われますね。
もしも慢性咽頭炎だった場合だと、飲酒や喫煙などの生活習慣や外的環境が影響することもあるため、治療に時間がかかると言われています。

咽頭炎の治療は、薬物治療が中心になるということですが、一方で静養・安静も不可欠ということです。プロ野球選手である以上、一日も早くマウンドに立ちたい気持ちが強いと思いますが、まだペナントレースが前半のうちにしっかりと治してほしいものです。

万全な体調でマウンドに戻り、昨年に見せてくれた快投ジョンソンを見せてほしいものです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!