ベビースターラーメン誕生秘話に感動!沿革や種類、新キャラは?

この記事は3分で読めます

ベビースターラーメンが人気です。かつて、子どもたちのおやつの定番として駄菓子屋をにぎわせたベビースターラーメンが、今ではおつまみとしても愛されるように…。ベビースターラーメンの誕生秘話や沿革、種類、新しいキャラクターを調べてみました。

スポンサードリンク


【もったいない精神から生まれたラーメンスナック】

5月のとある日曜日。町内の運動会があり、設営や進行係として駆り出され、汗だくになりながら働いていた日でした。
小学3~4年生らしき3人の男の子が、何やら食べながら歩いていました。
ふと手元を見ると、そこには昔懐かしい「ベビースターラーメン」があるじゃありませんか!

「ずいぶん懐かしいおやつ食べているねえ!うまいかい?」

「おじさん知らないの?!小学生の間ではベビースターラーメンがトレンドなんだよ」と生意気なことを言いながら、ひとつまみほど私の手のひらに置いてくれたんです。

「この味、この味…」
懐かしいベビースターラーメンの味に誘われて、私の記憶は遥か40数年も昔にバック。半ズボンを穿いて、友だちとひとつのベビースターラーメンを代わりばんこに食べながら歩いていた時代を思い出しました。

そういえば、ベビースターラーメンはどうして生まれたのだろう?!ふと好奇心が目覚め、さっそく調べてみました。

ベビースターラーメンが生まれたのは1959年。なんと!今から約60年も昔のことでした。
現在、ベビースターラーメンの製造・販売を行っているおやつカンパニーの前身だった松田産業有限会社はインスタントラーメンを作っていたが、製造工程で麺の切れはしがどうして出てしまいます。
それを見ていた創業者(故・松田由雄氏)は「捨てるのはもったいない!」と麺のかけらに味付けをして、おやつとして社員に配ったところこれが評判となり、次から次と麺の切れはしを欲しがるようになったそうです。

そして、「こんなに人気があるのなら、いっそのこと商品として売ってみよう!」と考えたのが商品誕生のきっかけでした。

松田由雄氏は、最適な味や食感を実現するため、材料の配合、麺の太さ・長さ、味のつけ方などに試行錯誤を繰り返し、1959年に発売となったわけです。

今の時代「もったいない」という言葉は、死語になりつつあるような気がします。
コンビニやスーパー、回転寿司やマックなどでも一定の時間が過ぎた食べ物はすべて廃棄処分にされます。
まさに暖衣飽食の時代、ここに極まり…という趣きですが、こんなことをしていて本当に罰が当たるんじゃないでしょうかねえ!

いつ来てもおかしくないとされる南海トラフの地震や温暖化が引き起こすスーパー台風などは、飽食国民となった日本人への鉄槌かもしれませんよ…。

【ベビースターラーメンの沿革と種類】

ベビースターラーメンが誕生したのは、日本に三種の神器と呼ばれたテレビ・洗濯機・冷蔵庫が出回り始めた頃。当然、テレビは白黒画面。ようやく終戦の傷跡が癒え、日本は高度成長期に向かい始めた時代でした。

今でこそベビースターラーメンになっていますが、誕生時はベビーラーメンと命名されていて価格は10円。子どものおやつとして大人気となったそうです。
以来、14年間にわたって価格を据え置きましたが、オイルショックもあって1973年に20円へ値上げ。
その際に、子どもたちの中で一番のスナック菓子になりたいとの願いを込め、ベビースターラーメンと名前を変えました。

そして1988年。
ベビースターラーメンは2回目の転機を迎えました。それが、ロングセラー商品だったベビースターラーメンの商品力をさらに上げることを目的に、駄菓子のイメージ・古いイメージのあるパッケージの大幅変更の提案でした。
社内では賛否両論があったもののテストマーケティングの結果から変更を決断。「ベイちゃん」という新しいキャラクターを冠したパッケージに変更されました。

その後も進化・変化を積極的に推し進め、味のバリエーションも増加。

さらには地域限定のご当地版のベビースターラーメンや大人用のおつまみの開発・販売などロングセラーブランドをさらに強固なものにする企業努力が続けられています。

なるほどね~約60年の老舗菓子でありながら、あぐらをかくことなく自分から変化を求めていること、常に変わり続けることが、お客さんから愛される秘訣なんですね。

スポンサードリンク


【2017年新キャラ誕生】

2017年、ベビースターラーメンに新しいキャラクターが誕生しました。これまで、30年にわたってキャラを勤めてくれた「ベイちゃん」お疲れさまでした。
新キャラの名前は「ホシオくん」です。

「ホシオくん」は、キラキラと輝き自分の大好きなベビースターを歌と踊りでめいっぱい体現する、星柄の洋服を好んで着ていてちょっとお調子者だけど、どこか憎めない元気な男の子という設定。

コンセプトは“キブンちょい上げ”。ベビースターのおいしさはもちろん、これからは楽しさをアピールしていくそうです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!