庄司智春がアニサキスで食中毒に!要注意の魚介類や予防方法は?

この記事は2分で読めます

お笑いコンビ品川庄司の庄司智春さんが、寄生虫のアニサキスによる中毒の体験を語りました。アニサキスって本当に怖いです。とくに私たち日本人はお刺身が大好きですから注意したいものです。アニサキス中毒の恐ろしさや要注意の魚介類、予防法などを調べました。

スポンサードリンク



【アニサキスの食中毒とは?】


(画像:厚生労働省HPより http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html)

アニサキスとは、回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫です。アニサキス幼虫は長さ2~3cm、幅0.5~1mmの糸くずのような姿で、注意すれば肉眼でも確認することができますが、生の魚介類をチェックしないで食べることが当たり前になっているので、最近はアニサキス食中毒が増加傾向にあります。

アニサキスによる食中毒の特徴は、魚介類を生で食べた後、わずか数時間で起こる激しい腹痛です。また、吐き気や嘔吐を引き起こすこともあります。
時には魚介類を食べたあと数日間たってから腹痛や吐き気が起こることもあり、これは腸アニサキス症といってアニサキス幼虫が腸までたどり着いたときに場合に発症するそうです。

魚介類を食べた後に、短時間で腹痛や吐き気・嘔吐などに見舞われた場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。一般内科や消化器内科等がおすすめです。多くの場合、内視鏡による治療ですぐに治すことができますが、放置してしまうと重症化してしまう可能性もあるので注意したいものです。

実際に、私の友人もサバとアジのお刺身を食べて帰宅後、数時間で激しい胃痛に見舞われ、救急車で病院へ担ぎ込まれアニサキスによる中毒と診断され治療を受けました。
以来、友人は「刺身が食べられなくなった」と嘆いています。

スポンサードリンク


【アニサキス中毒症で注意したい魚介類は?】

アニサキスは魚介類に寄生する寄生虫で、特にサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚に多く存在するといわれています。中でも魚の内臓に寄生している場合が多いため、サバなどの内臓を生で食べるのはかなり感染する可能性が高いといえます。

また、内臓などを抜かずに魚を放置しているとアニサキスが徐々に身へと移動することから、さばかずに放置していた生魚の刺身なども危険性が高くなってしまいます。
さばいていない魚を買うときは、魚の鮮度をチェックするなど注意するようにしましょう。

また、生魚をわさびや酢、醤油で調理してあっても、アニサキスに対してはほとんど効果はないと言われます。料理で使う程度の量や時間ではアニサキスは死滅しないそうです。ホント、なかなかしぶとい寄生虫ですね。

【アニサキス食中毒の予防方法は?】

アニサキスによる食中毒を予防する基本は「目視で確認」「鮮度の徹底」「加熱・冷凍」が基本だそうです。
要は、魚を購入する際は、新鮮な魚を選ぶこと。そして、丸ごと1匹で購入した際はできるだ早めに内臓を取り除き、絶対に生で食べないことです!さらに、お刺身で食べる際には目で確認すべきということですが、一切れずつお箸に取って目視するのは現実的ではないし、食べる気がなくなってしまいますね。

それから加熱や冷凍についてですが、アニサキスは60℃では1分で、70℃以上では瞬時に死滅するということなので加熱は予防に効果的です。冷凍の場合は-20℃で24時間以上冷凍することで感染性が失われるそうで、これもまたアニサキス中毒には効果があると言えるでしょう。
北海道の郷土料理にルイベがありますが、冷凍することで安全にお刺身を食べられるわけですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

こんにちは~♪pochiと申します。
柴犬大好き~♪

現在は福岡県在住。これまでテキトーな生き方を貫いてまいりましたが、人生の折り返し点を過ぎ、思うところあって少しでも世間様にお役立ちできることを綴りたいなと思うようになりました。
つたない日記ではございますが、時事・健康・グルメ・社会・生活などなど気になることは何でも書いていきます。気ままにお立ち寄りくださればうれしいです!